SPICA

犬と猫とゴルフをこよなく愛する。

恋愛とか結婚とか妊娠とか悩みまくって結局今しか生きてない私のブログ。

ゴルフ、お酒、グルメ、美容、ミーハーです。

ゴルフができない苦痛と自分に自信があり過ぎる空気の読めない男の話。

怒らずにはいられない話。

 

入院生活も3週間を過ぎ、最初は面白がってお見舞いにきていた友人達が来なくなって本気で暇になってしまった。薄情なものである。 無様な私を見てひとしきり笑って帰る。

www.ducaduca.net

 怪我での入院のため食事制限が無く、歩けないので安静にしているしかないため動かない。何もしなくても運ばれてくる食事。頼んでなくてもお見舞いに買ってもらえるお菓子の数々。太る要素しか無いではないか…

スポンサーリンク

 

ゴルフが大好きで週1での練習に月1-3回のラウンド、3日に1度はジムに行き筋トレ&10㎞のランニングをかかさなかった私。そのおかげかわからないが3週間も立てなかった割に、今は比較的動けている方だとは思う。しかし!!

何よりゴルフができないことが一番のストレス。

ゴルフやりたすぎて死ねる。

怪我をした瞬間に骨か神経が絶対におかしくなってる!と感じた私がまっさきに心配したこと。ゴルフができなくなること。筋トレもできないから筋力が落ちるのも目に見えている。実感しているし。

案の定、1-5月までの4ヶ月間ゴルフ不可との主治医の回答。一生できなくなるということでは無いものの、ゴルフ大好きな私にとっては4ヶ月クラブを握れないことがどれ程のストレスか!!!

怪我の要因になった連れを恨まずにいられん。これがゴルフシーズン真っただ中だったらもっと恨んでた。

というか完治したとしても何かある度に痛みがぶり返す恐れもあるじゃないか。現に同じ怪我でペインクリニックに通っている知人もいる。

私のゴルフ人生に多大なる影響を与える可能性がある!(もう与えている)

 

ということを踏まえ、入院費用は個室利用料も併せて全額支払いすると申し出を受け、んなもん当たり前じゃい!( ゚Д゚)とぶち切れながらお見舞いにもらった寛龍のわさび稲荷を寝転んだままほおばり続けた私なのである。(そして太る)

f:id:chicaaa-98:20180206145737j:plain

retty.me

こちらお鮨も美味しいですよ。

 

 

入院している3週間の間に色んなことが変わっているし、何にも携われず、新しい出会いのチャンス(男女問わず)をつぶされたことはお金にはかえられないのだ!!

時は金なりである。

 

後遺症の心配もあるので生涯賃金を保障してほしいくらいだ。損害賠償請求したろかい。しかしもう何の気力も起きない。ゴルフが4ヶ月もできないという悲しみ。素人の私ですら思うんだから、松山英樹が「ゴルフができなくなるかも」と不安になった気持ちはいったいどれ程のものだっただろうか…とすぐに話が脱線してしまうので戻します。

 

生涯賃金保障しろとは言ったが人生を保障しろとは言っていない。

知人からは「俺が一生面倒見る」と言われたのですが、全くときめかずむしろ苛立ちしか湧いてこなかった。お見舞いを拒否するほどの私に対してよくそのセリフが吐けたなと。

 

旅行に行く前まではそこまで心証悪くなかった。でもやっぱり2日一緒にいるとわかることもある。1日目の夕方の時点で既に一緒にいることが苦痛だった。いくらお金持っててもちやほやしてくれてもやっぱり無理なものは無理なのである。

 

今回の怪我に関しても「時が経ったら笑い話になる」「一生忘れない旅行になったでしょ」と言われたが、そもそもそれは怪我の原因を作った人間が言うセリフじゃない。怪我をしたのは私で、入院しているのは私で、働けないのも時間を無駄にしているのも私だ。無神経にも程がある。無駄なポジティブさを押し付けてくるな。

 

空気読め。

 

なぜ私に好かれているという自信がそうまで湧いてくるのだろうか…。

冷たくあしらっても無視しても、「天邪鬼さん♪」となぜか私のことをツンデレだと勘違いして鬼のように連絡がくる。一体なんなのか。なぜそこまでポジティブなのか。親切も度が過ぎるとお節介にしかならないということがなぜわからないのか。勘違い系ポジティブ。私のメンタルに平穏を。

 

あー愚痴ってちょっとすっきりした。

毒素を出したところで明日からはエンジェルゆりこに戻ります。失礼致しました。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク