SPICA

「結婚するなら経済力あって優しくて背が高くて男前が良い!」という知人に「生まれ変わって自分のスペックも合わせていった方が良いよ」とか言って絶縁される女は私です。

恋愛とか結婚とか妊娠とか悩みまくって結局今しか生きてない私のブログ。

ゴルフ、お酒、グルメ、美容、ミーハーです。

トラウマ級の失恋。実は自分が浮気相手だった件。

19歳から24歳までの5年間を過ごした元カレの話。

↓こちらに少し書いてます↓

www.ducaduca.net

トラウマ級の失恋。

ゆりこ:24歳 元カレ:34歳 

半同棲&連絡のマメさで騙された。

当時はまだ美容師で、やっとスタイリストになれたタイミング。

彼はサラリーマンで土日祝がお休み、カレンダー通りです。私は月曜と第三火曜が休みでしたが、講習会やレッスンで月曜日もほぼ出勤しているようなものでした。

なんせ美容師は休みがない。スタイリストになってからは少しマシでしたが、アシスタント時代は本当に辛かった…というかめんどくさかった…。

 

お休みがまったく合わないので、デートといえば夜食事に行くか、もしくはどちらかの家に泊まるか。平日も私が仕事が終わるのが22時以降だったので、そんなにゆっくりできません。

月曜私の講習が夕方終わって、彼も早く終わったら映画見にいったり買い物に行ったりといった感じでした。

 

土日祝は勿論私が忙しいので、彼はフリーの時間です。

本当に時間が合わないので、平日週に3-4日はお泊りしていました。

そうすればデートしなくても会う時間はあるのでコミュニケーションはとれる。

更に連絡もマメ!

半同棲状態だったから全然寂しくありませんでした。

 

仕事が忙しすぎて会っていない時間はほとんど彼のことを考えることがなく、私と会ってないとき何をしているのか心配したこともなかったのです。

土日祝は美容室は特に忙しいので、お昼ご飯も立ったままおにぎり1つ食べて急いで歯を磨いてフロアに戻るっていう感じです。

携帯ばっかり見てる時間も無い!

 

スポンサーリンク

 

 

 

真夜中、突然の結婚宣言。

お付き合いして5年弱、相手は結婚適齢期。私もそろそろ仕事が落ち着く。

この先どーするんだろう…位のことは考えていました。

そこに突然の電話。

 

 

「俺、結婚することになった。」

 

 

 

ふざけんなハゲ。(はげてないけど)

 

 

 

などと当時の私が言い返せる訳も無く、突然の結婚宣言で一体誰の話なのか理解するのに数秒要しました。誰が誰と結婚するって?

 

聞けばなんと、私と付き合う少し前に彼女ができていたと言うではないか。

相手の女性はOLさん。

土日祝は彼女とデート、平日は私と。というふうに使い分けていたんですね~。

あれ?あれれ?

 

じゃあ私が浮気相手だったってこと?

 

一応状況を理解した私。一瞬で冷めました。

私の5年間を返せ!!とは不思議と思いませんでした。

それどころか瞬時に思ったことがあります。

f:id:chicaaa-98:20180209170207j:plain


 

「こんな男と結婚することにならなくて良かった。」

 

ふられた瞬間からポジティブ。

午前2時、「とりあえず今すぐ合鍵返しに来て。」とだけ伝え終話。

午前2時半、合鍵を持ってきた彼。

 

「上がって話がしたい。」

 

と言い出した。勿論却下。

 

「こっちは話無いから帰ってくれる?」

 

とだけ伝え扉を閉めました。

なんか言いたそうだったけど話したところで何がかわる訳でも無し、謝られたところでそれは相手の自己満足だし謝られたところで私は何て言えばいいんだ。

 

 

もう深く考えない。浮気する人はするし、しない人はしない。

別れてしばらくは「なんで大切なのに裏切るんだ」ともやもやしていましたが、そんなこと考えても事実は変わらない。

そんな人もいると思うしかなかったのですが、これからは信じる信じないではなく「浮気する人はする、しない人はしない」という感覚で相手と向き合うことにしようと思いました。

そもそもお互い好きで大切なもの同士なのだから「信用」なんて当たり前。

大切な人に裏切られるとか考えたこともなかったのです。

当時ゆりこ24歳、勉強したというべきかなんなのか。

こんな経験して良いものではないけれど、色んな人がいるなぁというふわっとした着地点を見つけたのであります。

 

人によっては人間不信になるレベルなんじゃないかと思うのですが、私メンタルだけは強固なもんで…。

友人に話したら皆ドン引きしていました。

男のが最低だけど、5年も一緒にいて全く気が付いてないあんたもすごい…と。

相手の女性も気が付いてなかったのかな…?

今となっては笑い話です。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク