SPICA

「結婚するなら経済力あって優しくて背が高くて男前が良い!」という知人に「生まれ変わって自分のスペックも合わせていった方が良いよ」とか言って絶縁される女は私です。

恋愛とか結婚とか妊娠とか悩みまくって結局今しか生きてない私のブログ。

ゴルフ、お酒、グルメ、美容、ミーハーです。

医療費が高額になる場合。限度額認定証の申請を!

今回入院したことで、限度額認定証と傷病手当金の申請について調べることになりました。

今回は限度額認定証について。

万が一入院することになった場合は参考にしてください!

 

医療費が高額になった!限度額認定証とは?

健康保険に加入されている方は、加入している組合へ「限度額認定証」の申請を行い病院へ提出することで、高額な医療費を抑えることができます。

簡単に説明すると、限度額認定証を申請し病院の窓口へ提出することで、ご自身の給与、年齢に合わせた自己負担金が決められ、それを超える分については支払いしなくても大丈夫だよ!っていう制度です。

※食事代、個室利用等の金額は別途自己負担となります。

f:id:chicaaa-98:20180218145941p:plain

協会けんぽHPより。

 

スポンサーリンク

 

私の場合は協会けんぽで、下記の表の区分エが該当します

医療費が高額になりそうなとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

 所得区分

 自己負担限度額

多数該当

区分ア
(標準報酬月額83万円以上の方)
(報酬月額81万円以上の方)

 252,600円+(総医療費-842,000円)×1%

 140,100円

区分イ
(標準報酬月額53万~79万円の方)
(報酬月額51万5千円以上~81万円未満の方)

 167,400円+(総医療費-558,000円)×1%

 93,000円

区分ウ
(標準報酬月額28万~50万円の方)
(報酬月額27万円以上~51万5千円未満の方)

80,100円+(総医療費-267,000円)×1%

44,400円

区分エ
(標準報酬月額26万円以下の方)
(報酬月額27万円未満の方)

 57,600円

 44,400円

区分オ低所得者
(被保険者が市区町村民税の非課税者等)

 35,400円

 24,600円

注)「区分ア」または「区分イ」に該当する場合、市区町村民税が非課税であっても、標準報酬月額での「区分ア」または「区分イ」の該当となります。

 

ですので、例えひと月の支払いが高額になったとしても、自己負担は57,600円+食事代+差額ベッド代になるのです。

 

私の領収書を見て頂けるとわかりやすいかと。

f:id:chicaaa-98:20180218143518j:plain

 

一部負担金というところに記載のある金額が限度額です。

食事療養は毎日の食事代です。

特別室料は、個室利用料金です。

 

私の場合は1月と2月に渡って入院していたので、ひと月ごとに領収書があります。

今回載せた領収証は1月分で、2月分は別で領収証があります~。

1月分+2月分でトータル31万程支払いしました…。

個室だったから高くなっちゃったんですけどね。

月またぎで入院する場合、それぞれの月で限度額を適用してもらう必要がありますのでご注意を。

病院の窓口でちゃんと聞いておきましょう。

月をまたがないように入院した方が負担も少なくて済みますが、突然の怪我や病気の場合はそうもいっていられませんよね…。

 

問い合わせ先は?

各組合によって金額はかわると思いますので、ご自身が加入している組合のHPや窓口へお問い合わせください。

国民健康保険であれば、市区町村。

協会けんぽであれば健康保険組合の自分が該当している支部

会社の組合なら組合へ問い合わせ、もしくは会社へ問い合わせてみてください。

 

提出のタイミングは?

 申請書は各組合のHPからプリントアウトして使うこともできますが、入院していて自分で申請しなければならない場合は電話で病院宛に送付を依頼しましょう。

 

認定証が届くまでおよそ1週間~10日はみていたほうが良いと思います。

 

入院する日付が決まっているならそれまでに手続きをし、入院するタイミングで受け付けに提出しておくと安心です。

入院中であれば、請求が確定するまでに提出するようにしましょう。

 

万が一提出が遅れた場合、退院時の支払いがかなり高額になりますが、限度額認定証の提出が間に合わなかった場合でも後から手続きをしたら返金されるので、病院の窓口で限度額認定証の提出が間に合わない旨相談してみてください。

 

こういう制度があるっていうことを頭に入れておくだけでもいざというとき役立つと思いますので、参考にして頂けると嬉しいです♪

 

限度額認定証を提出し、日額5,000円の給付が受けられる入院保険にも入っていたので、実質負担した金額はふた月合わせても15万円ほどで済みました。

 

健康って大事だなぁと身をもって思い知りました。

皆様もお気をつけを。

 

www.ducaduca.net

 

 

www.ducaduca.net

 

スポンサーリンク