SPICA

犬と猫とゴルフをこよなく愛する。

恋愛とか結婚とか妊娠とか悩みまくって結局今しか生きてない私のブログ。

ゴルフ、お酒、グルメ、美容、ミーハーです。

三毛猫を飼うことになった話。

スポンサーリンク

 

我が家にやってきた三毛猫(ΦωΦ)

お久しぶりの更新です。

お正月を挟み妹の妊娠発覚&つわりが酷すぎて入院&新居への引っ越し、弟もマンションの騒音問題に悩まされ引っ越しと、ちょっと色々ありました。

今回はその色々に紛れて我が家にやってきた三毛猫のおはぎちゃん(7歳♀)の紹介をします。

f:id:chicaaa-98:20190219153929j:plain

ちゅーるを見つめるおはぎ

名前   :おはぎ

年齢   :7歳

性別   :♀

性格   :わりと人懐こいのにビビリ

好きなもの:麻の紐・ねこじゃらし(ゴムでびよんびよんするもの)・ちゅーる

嫌いなもの:ブラッシング・抱っこ・爪切り・獣医

 

もとは私の知人の家の庭で野良猫が4匹生まれ、母猫が帰ってこなくなったことがきっかけで里親探しをし、そのうちの1匹を私の妹が飼うことになりました。

それがおはぎちゃんです。

スポンサーリンク

 

ペットを飼う時に真剣に考えなきゃいけないこと。

妹は昨年結婚したのですがパートナーの男の子は猫アレルギー。それでも症状は軽かったため2人と1匹で生活していたのですが、この度妹が妊娠。

同時に住宅ローンの審査に通り、引っ越しが決まりました。

この辺りはかなりプライベートな話なので割愛しますが、義実家からの反対で猫を飼い続けることが難しくなりました。

私は動物好きなので、このときかなり厳しく妹と義理の弟を叱りました。

色んな事情があるにせよ、2人の詰めの甘さで猫を手放さなければならない状況になってしまったからです。

私に相談してきた時点で11月下旬、引っ越しは1月中頃。

それまでに里親を探すとのことでした。

しかし虐待目的で里親に応募してくる人もいるため、私も妹夫婦も見知らぬ人には里親に出さないと決めて探しました。※一部の人の話です。大半の方は心優しい方達。

私が飼うことも視野に入れてはいましたが、私もまだ独身で一人暮らし、この先どんな状況の変化があるかわからない…と思うとすぐに返事はできませんでした。

 

そんな中幸い私の友人が、先住猫との相性が良ければ飼いたいと申し出てくれて、トライアルにだすことになりました。

トライアル先の猫ちゃんはもともとワンちゃんと一緒に暮らしていたためかなりフレンドリーだったのですが、おはぎちゃんは自分と人間以外の生き物以外接する機会がほぼありませんでしたので、先住猫ちゃんに慣れるのがかなり難しかったようで…。

もう少し時間をかけたらなんとかなったのかもしれませんが、先住猫ちゃんもずっとおはぎちゃんにシャー!シャー!(ΦωΦ)言われて過ごすこと&おはぎちゃんは人間にはすぐに懐くので飼い主さんをおはぎちゃんに占領されてしまったことでストレスを感じていたようで、早々に私がお迎えに行きました。(妹夫婦はすでに新居へ引っ越し済だったので)

 

私はおはぎちゃんが子猫の時から妹の家に行ったりして面識があったので、うちの生活には割と早く慣れてくれました。

しかーし。

やはり猫はデリケート、血尿をだしていました。

f:id:chicaaa-98:20190219155258j:plain

毛布からでてこないおはぎはん。

すぐに病院に連れていき検査したところ、腎臓や結石などの異常は無いけどストレスだねと獣医さんに言われました。

預かったのは良いものの、やはり自分が最期まで飼い続けることができるのか?とても不安があったので里親は継続して探していたのですが、おはぎちゃんを厄介払いしようとしている気持ちになって罪悪感をとても感じ、悩みすぎて蕁麻疹がでた私。笑

好きなら飼えばいいじゃん!って思われるかもしれませんが、動物が好きだからこそ一人暮らしの自分が生き物を飼うことをすぐに決断できなかったのです。

里親募集の掲示板や、保護団体が単身者不可が多いですよね?それには下記のような理由があります。

 

旅行に行く時は?

万が一怪我や病気で私が入院したら?

転勤や転職で飼えなくなる可能性は?

結婚して飼えなくなる恐れもある・・・。

 

 

 

猫を飼う時妹は一人暮らし、パートナーもいない状態でした。そんな妹に里親にならないか持ちかけたのは私なので、当時の私の考えも甘かったなと思います。

 

それも踏まえて責任を受け止め、紆余曲折を経てこの度おはぎちゃんと暮らしていく決意をしました。

 

旅行に行く時や、長期間家をあけなくてはならない時は近くに住んでいる身内に世話を頼めるかお願いしました。

絶対に手放さないという覚悟はしていますが、もし私が死んでしまったら?など最悪のことも考えて、何かあったときに里親になってくれる人も見つけることができました。

 

1人で飼うのではなく、周りの協力を得ることができてやっと決心できました。

 

おはぎちゃん、我が家にやってきて1ヶ月経ちますが、まだ血尿はおさまっておらず更には真菌(猫カビ)疑惑…!!

明日病院へ連れて行きます。また捕まえるの大変なんだろうなぁ。

 

これからはやや猫に偏った更新になると思いますが、どうぞよろしくお願い申し上げます(ΦωΦ)

スポンサーリンク